ひかる動物病院は人と動物が幸せな時間を一緒に過ごせるような医療、オゾン療法を含む「統合医療」を目指します。

口腔ケア キャンペーン(7月〜9月)

  • HOME »
  • 口腔ケア キャンペーン(7月〜9月)

口腔ケア キャンペーン 7月1日〜9月30日まで実施します!

犬と猫の口腔ケアについて、この期間に考えてみませんか?

まず、犬と猫で口腔ケアの方法は同じなのでしょうか?

歯垢や歯石が蓄積する仕組みは同じですが、動物の種類が違うのでケアの方法も異なります。犬も猫も人と同様に毎日のケアができればいいのですが、実際に猫に毎日歯を磨こうとするとおそらく猫はストレスで具合が悪くなるかもしれません。反対に犬では、歯磨きストレスで病気になることはないですが、嫌がる犬に無理やりやろうとすればおそらく飼い主さんと犬の関係性が良くないものになってしまうかもしれません。

「また、口腔ケア」はすべての犬と猫が皆同様な方法でできるわけではありません。犬の性格、猫の性格、飼い主さんの意識の高さ、ライフスタイルなどが関わりますので、一様ではないのですそれがわかるとおそらく飼い主さんの気持ちも少し楽になるのではないでしょうか。ただ、妥協ばかりしていると結局何もできないままなので、何がベストな方法で、自分の子はどこまで出来るのか?を知っておいた方が良いでしょう。

基本的なこと。歯垢とは?歯石とは?口臭とは何か?

たまに。「口の臭いがするのは内臓の影響でしょうか?」という問い合わせがあります。おそらく人と同じように考えていらっしゃる方が多いからだと思いますが、犬や猫の口臭の原因は「歯垢」や「歯石」があるためです。

「歯垢」とは、「プラーク」とも呼ばれるもので歯の表面に最初につくものです。歯の表面はエナメル質でできていて触ると「つるつる」しますよね。そのつるつるした表面にまず「ペリクル」という薄い層ができます。ペリクルは歯を綺麗にした直後から形成が始まる厄介なもので、それに口腔内細菌や食物残渣(食渣)がくっつきます。それがいわゆる「歯垢」です。まだ柔らかい物質なので「歯磨きで落とす、綺麗にすることができるもの」です。

「歯石」というのは、その歯垢が何層も蓄積されてできた「硬い石」です。つまり、口腔内細菌と食渣の塊が時間経過と共に硬い石になったもの。この石の表面は「ザラザラ」しているのでこの石の表面にさらに歯垢が蓄積されやすくなります。この蓄積された歯垢がまた石になっていくので・・・・歯石は分厚い層になって大きくなっていくのです。一度できた歯石は歯磨きで落とすことはできません

歯磨きの頻度はどれくらいが良いのか?

一般的には歯垢は2〜3日で歯石になると言われています。それゆえ、最低限の歯磨き頻度は2〜3日に一回とされていますが・・・・実際のところ、2〜3日に1回の歯磨きで綺麗な歯を維持している子は少ないです。おそらくですが、その1回の歯磨きで完璧に歯を磨ききれていないからでしょう。犬や猫の歯の形、大きさは一様ではありません。場所によって異なるため、磨きづらい部分があります。また、「歯の裏側(内側)」が盲点だったりします。表側(外側)だけ綺麗に磨いていても、実は見えていないところに着いてる、ことがあります。

それゆえ、綺麗な歯を維持するためには「毎日の歯磨き」「毎日のケア」がベストなのです。

口腔ケアの方法

犬と猫で共通する点は・・・子供の頃からの習慣、トレーニングが重要なキーポイント!ということ。(人もそうですね)ただ、子犬・子猫の頃は飼い主さんも動物を飼うこと自体が初めてで歯磨き以外のこと、例えばトイレトレーニングや社会化や予防関係のことで頭がいっぱいのことが多いです。歯磨きまで気にされる方はまだまだ少ないのが現状でしょうか。

それでは実際にどのような方法があるのかいくつかご紹介します。

①磨く!

やはりこれが最も効果的です。歯ブラシで磨くこと、これ以上にケアできるものはないでしょう。ただし。歯ブラシを使えるのは飼い主さんが上級者、動物がとても良い子、な場合に限ります。皆さんが目指すのは上級者!なのですが、ここに至るまでの経緯を知っているか知らないかで、結果が変わります・・この経緯を教えることができるのは獣医師もしくはトレーナーです。(猫は歯ブラシではなく綿棒をお勧めしています)

実際のトレーニング方法はこちらを参照してください。初心者は「歯を見る、触る」ことから始めます。

②グッズに頼る!

全く歯を磨けない、口を触らせてくれない、少しだけ磨けるけどほとんど磨けてない、などどうしてもケアができない飼い主さんや動物はこれに期待するしかありません!また、歯磨きはできているけどより完璧を目指す方にも向いています。歯磨きグッズは具体的には「歯磨きガム」「歯磨きペースト」「歯磨きスプレー」「水に溶かすタイプ」「フードにかけるタイプ」など色々あります。様々な会社が作っていますが、獣医師が勧める歯磨きグッズは一応、実験データがあるような商品です。「米国の獣医口腔衛生協議会(VOHC)」に承認されたものは効果があると考えてよいでしょう。

オーラベット(犬用デンタルガム)塩酸デルモピノール配合→http://oravet.jp/

ライオン ベッツドクタースペックhttp://www.lion-pet.jp/aboutoral/

キャンペーン期間中はライオンの歯磨きグッズが10%OFFに。

オーラベットはガチャガチャでラッキーチャンスがあります!3本の値段で1回チャンス!怪獣の卵が出たら10本当たりです。

 

オゾン歯磨きとは?

オゾン水やオースリーオイルによる口腔内の消毒、プラークコントロールをすることです。そもそも「オゾン」とは何か?こちらをご参照ください。→http://hikaru-ah.sakura.ne.jp/オゾン療法/ ‎

口腔ケアの位置付けとしては、普段の歯磨きのスペシャルケアとしてやっていただくことをお勧めします。ヒトの歯医者さんでは口腔内のうがいとしてオゾン水を使うことがあります。また同じくヒトで、オゾンオイルが口腔内のプラークコントロールをするという研究データが出てます。http://repository.nihon-u.ac.jp/xmlui/bitstream/handle/11263/267/koizumi-naoya-3.pdf?…

①オゾン水で歯を磨く

オゾン水はオゾン発生装置から作られます。専用の機械が必要なのでご家庭で作ることはまず不可能なものです。また、生成したオゾン水は時間経過と共に濃度が薄くなっていくため、歯磨きをするまさにその時に生成して使用します。(「デオシャワー」というオゾン水発生装置はご家庭用で販売されていますが高価なので手軽には購入できないかもしれません)また、病院で生成するオゾン水は家庭で作るオゾン水よりもさらに濃度が濃いものです。

②オースリーオイルをつける

オゾンオイル、オースリーオイル、オゾンジェル、呼び名がいくつかありますがどれも同じです。歯を磨いた後に口腔内にオゾンオイルを塗布します。

キャンペーン期間中は初回無料なのでぜひ一度トライしてみてください!(診察代¥1080別途)ブログで猫のオゾン歯磨き体験レポがありますのでご覧ください!→http://hikaru-ah.sakura.ne.jp/2017/07/14/猫の歯磨きは綿棒がおすすめ!/

口腔内キャンペーンの概要

  • オーラベット ラッキーチャンス! 3本セットの値段で3〜10本当たるチャンス!
  • オゾン歯磨き 初回無料(診察代¥1080別途かかります)
  • オースリーオイル 期間中10%OFF
  • ライオン歯磨きグッズ 期間中10%OFF
  • 歯石処置(全身麻酔)全額から5%OFF

お気軽にお問い合わせ下さい TEL 03-6318-7861 【受付時間】9:00 - 12:00 / 16:00 - 19:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

足立区ドクターズ

足立区ドクターズ

Twitterはじめました

LINE公式アカウントできました

友だち追加

オゾン療法を導入しました

オゾン療法

キャンペーン

PAGETOP
Copyright © ひかる動物病院 All Rights Reserved.